ホーム > 路線図 > りんかい線

りんかい線の路線図と停車駅

東京臨海高速鉄道・りんかい線の路線図を掲載。種別ごとの停車駅や主要駅で乗り換えられる路線を紹介。

りんかい線の路線図
りんかい線
東京臨海高速鉄道・りんかい線は、お台場などの湾岸部を走り大崎駅と新木場駅を結ぶ路線。 多くの列車がJR埼京線との直通運転となっており、川越~赤羽の埼京線内・池袋・新宿・渋谷・恵比寿からお台場、新木場方面へのアクセスにも利用される。

りんかい線の列車種別

りんかい線の列車種別は、各駅停車、快速、通勤快速がある。

各駅停車

りんかい線内の各駅、埼京線内の各駅に停車する。りんかい線の大崎~新木場駅間を往復する列車は各駅停車で運転されている。

東京テレポート行きは、新木場始発が1日数本、大崎発の終電が2本で運転される。

新木場方面の行先 »

大崎・大宮・川越方面の行先 »

快速(埼京線直通のみ)

りんかい線内は各駅停車、埼京線内が快速。平日・土曜祝日いずれも運転される埼京線直通電車。りんかい線・埼京線を直通する快速は、川越行きで運転されている。 しかし遅延が発生すると、大宮~川越駅間の川越線との直通運転を中止することが頻繁にある。

埼京線・川越線内の停車駅は、大崎~赤羽の各駅、戸田公園、武蔵浦和、与野本町、大宮~川越の各駅。

武蔵浦和で前を走る各駅停車との待ち合わせをすることが多く、乗り換えができる。

大崎・大宮・川越方面の行先 »

通勤快速(埼京線直通のみ)

りんかい線内は各駅停車、埼京線内が通勤快速。平日の朝・夕方・夜に運転される。

埼京線・川越線内の停車駅は、大崎~赤羽の各駅、武蔵浦和、大宮~川越の各駅。

戸田公園で前を走る各駅停車を追い抜く(乗り換えはできない)、また武蔵浦和で前を走る各駅停車との待ち合わせをする列車があり乗り換えができる。

大崎・大宮・川越方面の行先 »

停車駅

大崎(おおさき)
りんかい線の始発・終着駅。到着ホームによっては湘南新宿ラインとの乗換も便利。7番線に到着すると、同じホーム・向かいの8番線に新宿・大宮方面の列車が来る。 6番線に到着すると、同じホーム・向かいの5番線横浜方面の列車が来る。
山手線からりんかい線に乗り換える場合、埼京線から直通する5番線発、始発の6番線、始発の7番線があるので、どれが先発か電光掲示板で確認しておきたい。
駅売店でりんかい線グッズを販売している。
  • JR山手線
  • JR湘南新宿ライン
大井町(おおいまち)
JR京浜東北線、東急大井町線との乗換駅。大崎方面は地下3階、新木場方面は地下5階にあり、地上の京浜東北線、高架の東急大井町線とは乗り換えに7~10分程度は見ておきたい。
  • JR京浜東北線
  • 東急大井町線
品川シーサイド(しながわしーさいど)
品川シーサイドフォレスト最寄り駅。京急の青物横丁駅は徒歩10~15分ほどの距離(約900m)。
天王洲アイル(てんのうずあいず)
東京モノレールとの乗換駅。地下3階のりんかい線ホームと高架線のモノレール駅とは少し距離がある。 乗り換えには10分以上見ておきたい。
  • 東京モノレール
東京テレポート(とうきょうてれぽーと)
お台場エリアの中心にあり、お台場海浜公園、アクアシティ、デックス東京ビーチ、東京ジョイポリス、ビーナスフォート、パレットタウン、観覧車、ダイバーシティ東京、船の科学館、フジテレビはいずれも徒歩圏内。
改札前にりんかい線グッズの自動販売機がある。
国際展示場(こくさいてんじじょう)
東京ビッグサイトの最寄り駅で、イベント開催時には大変な混雑となる。 とくに夏・冬のコミックマーケット開催期間中は、りんかい線が臨時列車を走らせるほど大混雑となる。 近年は東京モーターショーもビッグサイトで開催されている。
  • ゆりかもめ
東雲(しののめ)
新木場を除くとりんかい線では唯一の高架駅。すぐ横を首都高速湾岸線が通る。
新木場(しんきば)
JR京葉線、メトロ有楽町線との乗換駅。 JR・メトロ・りんかい線で改札がそれぞれ異なる為、間違えないように注意しておきたい。 JR京葉線はディズニーリゾート最寄駅の舞浜があることから、新木場での乗換客も多い。 メトロ有楽町線は西武池袋線、東武東上線との直通運転があり、東京都西部、埼玉県からお台場へのアクセスにも便利。 JR京葉線とは線路が繋がっており、臨時列車が直通運転することもある。
  • JR京葉線
  • メトロ有楽町線