ホーム > 路線図 > 東京メトロ東西線

東京メトロ東西線の路線図と停車駅

東京メトロ東西線の路線図を掲載。種別ごとの停車駅や主要駅で乗り換えられる路線を紹介。

東京メトロ東西線
東京メトロ東西線は、中野~西船橋駅間を走る地下鉄。 三鷹~中野駅間はJR中央線各駅停車と直通運転、西船橋~津田沼駅間はJR総武線各駅停車と直通運転、西船橋~東葉高速鉄道駅間は東葉高速線と直通運転している。
東西線内では上り・下りの区別ではなく、駅業務放送では西船橋方面がA線、中野方面がB線と呼ばれることがある。 JR中央線内の三鷹~中野駅間では中野方面が上り、三鷹方面が下りとなる。

東京メトロ東西線の列車種別

東京メトロ東西線の列車種別は、各駅停車、快速、通勤快速がある。

各駅停車

東西線内と直通運転するJR線内、東葉高速線内の各駅に停車する。 途中の葛西または妙典で、後続の快速を通過待ちする列車がある。 待ち合わせではない為、葛西と妙典で快速に乗り換えることはできない。

西船橋・津田沼・東葉勝田台方面の行先 »

中野・三鷹方面の行先 »

通勤快速

朝の通勤・通学時間帯に、中野方面行きで運転される。 西船橋~葛西駅間の原木中山、妙典、行徳、南行徳を通過する。

中野・三鷹方面の行先 »

快速

東陽町~西船橋駅間で通過駅があり、葛西または妙典で、先行の各駅停車を追い抜く。 葛西も妙典も快速の通過駅となっている為、各駅停車への乗り換えはできない。

西船橋・津田沼・東葉勝田台方面の行先 »

中野・三鷹方面の行先 »

停車駅

中野駅(なかの)
JR中央線快速、中央・総武線各駅停車との乗り換え駅。 東西線は中央・総武線各駅停車の三鷹~中野駅間で直通運転をしており、三鷹から直通する西船橋方面行きの電車は、JRと同じホーム5番線で発着している。 また東西線から三鷹方面へ直通する電車は、東西線ホームの3番線で発着する。 中野止まり・中野始発の東西線は、3番線・4番線で発着する。 中野から東西線に乗る場合、先に発車する電車が3~5番線のどのホームになるか電光掲示板で確認しておきたい。
落合(おちあい)
山手通りと早稲田りの交差点の地下に位置する駅。 JR中央線(各駅停車)の東中野駅、西武線の中井駅はそれぞれ徒歩10~15分ほどの距離。
早稲田(わせだ)
早稲田通りの地下に位置する。 早稲田大学の早稲田キャンパス(本キャン)、戸山キャンパスの最寄り駅。 授業期間中は中野寄りホーム先端の改札近くが混雑する。
神楽坂(かぐらざか)
神楽坂と呼ばれる場所の早稲田寄りに位置する。 神楽坂坂上の周辺なら東西線の神楽坂駅で飯田橋寄りホーム先端の改札でも近いが、神楽坂といっても隣駅の飯田橋のほうが便利な場所も多い。 都営地下鉄大江戸線の牛込神楽坂駅は徒歩10分ほどの距離。
飯田橋(いいだばし)
一部区間では直通運転もしているJR中央・総武線各駅停車との乗換駅。 平日の中野方面は、JR中央線よりも終電が数分遅いが、終点の中野でJR中央線の高尾行き終電に接続している。
九段下(くだんした)
日本武道館の最寄り駅で、コンサートなどイベント開催時には、地上への階段が混雑する。 また桜の名所としても知られる靖国神社や千鳥ヶ淵の最寄り駅でもあり、お花見シーズンには駅周辺が混雑する。 インド大使館や法務局へのアクセスにも利用される。
大手町(おおてまち)
東京メトロ路線網の中心的な駅で、JR東京駅とは地下通路でつながっている。 JR横須賀線・成田エクスプレスやJR中央線など東京駅丸の内寄りにあるホームなら約15分ほどで乗り換えができる。 新幹線への乗り換えなら20分以上は余裕をもっておきたい。
日本橋(にほんばし)
メトロ銀座線、都営浅草線との乗換駅で、1日を通して乗り換え客が多い。