ホーム > 路線図 > 京王井の頭線

京王井の頭線の路線図と停車駅

京王井の頭線の路線図を掲載。種別ごとの停車駅や主要駅で乗り換えられる路線を紹介。

京王井の頭線の路線図
京王井の頭線
吉祥寺と渋谷を結ぶ京王電鉄の路線。 吉祥寺、下北沢、渋谷といった独特のカルチャーが見られる街を走っていることも沿線の特色となっている。 武蔵境以西の中央線沿線各駅から渋谷へ行く場合、JRでの新宿経由よりも吉祥寺で井の頭公園に乗り換えるほうが運賃が安くなる。 また急行を利用すれば、JRよりも所要時間が短い場合がある。

京王井の頭線の列車種別

京王井の頭線の列車種別は、各駅停車と急行がある。 朝は各駅停車がほとんどで、日中から夕方にかけては始発駅の吉祥寺駅と渋谷駅では各駅停車と急行が交互に発車する。 途中の永福町で各駅停車と急行で乗り換えができることが多い。

各駅停車

全ての駅に停車する井の頭線の各駅停車。 ほとんどの電車が吉祥寺始発の渋谷行き、渋谷始発の吉祥寺行きで運転されている。 夜には一部、吉祥寺始発の富士見ヶ丘がある。

停車駅は、吉祥寺、井の頭公園、三鷹台、久我山、富士見ヶ丘、高井戸、浜田山、西永福、永福町、明大前、東松原、新代田、下北沢、池ノ上、駒場東大前、神泉、渋谷。

急行

吉祥寺~渋谷駅間を最短17分で結ぶ。 永福町で各駅停車を追い抜くので、吉祥寺から渋谷または渋谷から吉祥寺へ行く場合は、各駅停車の1本後続の急行に乗るほうが早くなる。

停車駅は、吉祥寺、久我山、永福町、明大前、下北沢、渋谷。

停車駅

吉祥寺駅(きちじょうじ)
住みたい街ランキングで常に上位に入る人気の街。 土日には多くの人が訪れ混雑する。 2014年4月23日に駅直結の商業ビル「キラリナ京王吉祥寺」がオープンした。 中央線の中央特快、青梅特快、通勤特快は停車しないので乗り換えには注意が必要。
井の頭公園駅(いのかしらこうえん)
井の頭恩賜公園の東側に位置する駅で、神田川沿いの広場にも隣接している。 吉祥寺駅から徒歩圏内で、吉祥寺から1駅だけ利用する乗客は少ない。
三鷹台(みたかだい)
立教女学院の最寄り駅で学生の利用も多い。駅前は狭くバス停は少し離れた場所にある。 横を神田川が流れる。
久我山(くがやま)
吉祥寺を出発すると最初の急行停車駅。 駅のすぐ横に人見街道の踏切がある。 都立西高の最寄り駅。
高井戸(たかいど)
環八の道路上にある高架駅。 駅のすぐ横には杉並清掃工場があり、大きな煙突はJR中央線の車窓からも見える。 徒歩2分の環八沿いには日帰り天然温泉の高井戸美しの湯がある。
永福町(えいふくちょう)
急行停車駅で、井の頭線で急行と各駅停車が待ち合わせする唯一の駅となっている。 急行は吉祥寺または渋谷で先発した各駅停車、永福町駅で追い抜く。 線路と井の頭通りの間には京王バスの車庫があり、井の頭通り線の車両はこの場所から搬入・搬出されている。
明大前(めいだいまえ)
京王線との乗換駅で急行が停車する。また京王線は全ての列車が停車する。 すぐ近くの甲州街道沿いに明治大学の和泉キャンパスがある。
下北沢(しもきたざわ)
小田急線との乗換駅。2013年3月23日には、小田急線が地下化された。 小田急線がメトロ千代田線と直通運転しているので、乗り換えれば明治神宮前〈原宿〉や表参道、赤坂、乃木坂、霞ヶ関、大手町などへのアクセスもできる。
神泉(しんせん)
渋谷の隣駅で、道玄坂上や円山町は神泉駅のほうが近いが、渋谷が始発駅であることや神泉に急行が停車しない為、 吉祥寺方面へ向かう乗客には渋谷駅が利用されている。