ホーム > 路線図 > JR埼京線

JR埼京線の路線図と停車駅

JR埼京線の路線図を掲載。種別ごとの停車駅や主要駅で乗り換えられる路線を紹介。

JR埼京線の路線図
埼京線・りんかい線・赤羽線・川越線
川越~大宮は川越線となっているが、現在は埼京線が川越~大崎で直通運転している為、一般的に埼京線と呼ばれている。大崎~新木場は東京臨海高速鉄道(通称:りんかい線)への直通運転となり、別運賃となる。

埼京線の列車種別

埼京線

埼京線にはすべての駅に停車する「各駅停車」、北与野・南与野・中浦和・北戸田・戸田・浮間舟渡・北赤羽を通過する「快速」、快速の通過駅に加えて与野本町・戸田公園を通過する「通勤快速」がある。

各駅停車

一般的に埼京線と呼ばれる川越~大宮~大崎と直通運転するりんかい線の大崎~新木場の各駅に停車する。

行先 »

快速

平日の日中時間帯と土曜休日の全日に走る。平日は朝と夜の通勤時間帯に通勤快速が走っており、午前9時~17時台の運転となっている。南行きは川越始発の新宿行きまたは新木場行き、北行きは新木場始発の川越行きとなる。

行先 »

通勤快速

平日の朝の通勤通学時間帯と夕方から夜にかけて運転される。停車駅は大宮・武蔵浦和・赤羽となり、大宮~赤羽駅間では武蔵浦和にしか停車しない。南行の大崎・新木場方面は川越始発の新木場行き、新宿行きがある。北行の大宮・川越方面は、新木場始発と新宿始発の川越行きがある。

行先 »

停車駅

川越駅(かわごえ)
実質的には埼京線終点・始発駅。高麗川・八王子方面へのJR八高線、東武東上線への乗り換え駅。
南古谷駅(みなみふるや)
埼京線の車庫(川越車両センター)がある駅であり、早朝に八王子行き、高麗川行きの八高線・川越線の始発電車ある。
指扇駅(さしおうぎ)
南古谷~指扇に車庫(川越車両センター)がある為、指扇始発の新宿行き、新木場行きの列車もある。
西大宮駅(にしおおみや)
2009年3月に開業した比較的新しい駅。近くにさいたま市西区役所がある。
北与野駅(きたよの)
さいたまスーパーアリーナへのアクセスにも利用される駅。さいたま新都心駅は徒歩圏内。
武蔵浦和駅(むさしうらわ)
JR武蔵野との乗換駅であり乗降客が多い。また各駅停車と快速・通勤快速との待ち合わせを行う。平日の朝と夜には南行(新宿・新木場方面)の始発電車がある。
戸田公園駅(とだこうえん)
毎年夏に開催される戸田橋花火大会の最寄駅。例年、花火開催時は臨時ダイヤが運転され、快速の運転を取り止め、各駅停車が増発される。2014年は8月2日(土)に開催予定。
浮間舟渡駅(うきまふなど)
毎年夏に開催されるいたばし花火大会の最寄駅。2014年は8月2日(土)に開催予定。
赤羽駅(あかばね)
新宿行き、新木場行き、池袋行きの始発がある。京浜東北線、高崎線、宇都宮線、湘南新宿ラインとの乗り換え駅。
十条駅(じゅうじょう)
ホーム両端に踏切があり、全ての列車が停車する(回送や試運転も一旦停車)。東京家政大学のキャンパスの最寄り駅であり、学生の利用客も多い。京浜東北線の東十条駅は徒歩圏内であり、どちらのかの路線が運転見合わせになった場合は迂回ルートとして利用できる。
板橋駅(いたばし)
十条と同じく全ての列車が停車する。東武東上線の下板橋駅、北池袋駅が徒歩圏内。
池袋駅(いけぶくろ)
JR山手線、JR湘南新宿ライン、成田エクスプレス、スーパービュー踊り子、特急日光・きぬがわ、特急スペーシア日光・きぬがわ、西武池袋線、東武東上線、メトロ丸ノ内線、メトロ有楽町線、メトロ副都心線との乗り換え駅。同じ方向の新宿湘南ラインは向かいのホームで乗り換えができる。
新宿駅(しんじゅく)
1日を通して北行(赤羽・大宮・川越方面)の始発がある。湘南新宿ラインと同じホームを使用しているが、新宿始発の北行は列車により番線が異なり、湘南新宿ラインなら池袋で乗り換えるほうが便利。
渋谷駅(しぶや)
山手線とはホームの位置がずれている為、乗車位置によっては乗り換えには時間がかかる。埼京線は湘南新宿ライン・成田エクスプレスと同じホームを使用している。中央改札と新南改札(新南口)からのアクセスが良い。
大崎駅(おおさき)
JR山手線、JR湘南新宿ラインとの乗り換え駅で、同じホームを使用しているが、大崎で折り返す新木場行きがホームが異なる場合がある。大崎より先、新木場方面はりんかい線となり、大崎始発の新木場行きも数多く運転されている。