ホーム > 路線図 > JR南武線

JR南武線の路線図と停車駅

JR南武線の路線図を掲載。種別ごとの停車駅や主要駅で乗り換えられる路線を紹介。

2014年3月16日ダイヤ改正で、快速の停車駅・通過駅が変更となり、新たに矢野口駅、中野島駅が通過となりました。
2015年3月14日ダイヤ改正で、快速運転の区間が拡大されます。西国立、矢川、谷保、西府、南多摩は快速通過駅となります。

JR南武線の路線図
南武線
西東京の中心都市・立川と神奈川・川崎を結ぶJR東日本の路線。

南武線の列車種別

南武線の列車種別は、各駅停車と快速の2週類のみとなっている。ほとんどが各駅停車で、快速の運転本数は少ない。

各駅停車

全ての駅に停車する南武線で最も多い種別が各駅停車。立川方面の下りでは、立川行き登戸行き、稲城長沼行き、武蔵溝ノ口行き、武蔵中原行きがある。川崎方面の上りでは、川崎行き、武蔵中原行きがある。

快速

南武線における快速電車は、2011年4月のダイヤ改正で復活した。平日ダイヤ、土日休日ダイヤいずれも日中のみの運転となっている。通過する駅は、宿河原、久地、津田山、向河原、平間、矢向、尻手の7駅。

停車駅

立川駅
南武線の始発・終着駅。JR中央線、JR青梅線との乗換駅となっている。始発電車のほとんどは川崎行きで、終電を含む最終の2本だけ武蔵中原行きとなっている。
分倍河原駅
京王線との乗換駅。
府中本町駅
JR武蔵野線との乗換駅であり、また東京競馬場へのアクセスにも利用される為、競馬開催日は利用客が多い。京王の府中駅への徒歩15分ほど。
登戸駅
小田急線との乗換駅。南武線の中心となる駅のひとつで、朝から夜にかけて下り川崎方面への始発電車があるほか、早朝の初電立川行き始発もある。
武蔵溝ノ口駅
一部の立川方面の下り電車で、各駅停車と快速の待ち合わせがある。
武蔵中原駅
一部の川崎方面の上り電車で、各駅停車と快速の待ち合わせがある。