ホーム > 路線図 > JR総武線各駅停車(中央・総武緩行線)

JR総武線各駅停車(中央・総武緩行線)の路線図と停車駅

JR総武線各駅停車(中央・総武緩行線)の路線図を掲載。種別ごとの停車駅や主要駅で乗り換えられる路線を紹介。

JR中央・総武緩行線の路線図
JR中央・総武緩行線
JR中央・総武緩行線は、JR中央線とJR総武線を直通して運転されている各駅停車のこと。御茶ノ水~千葉は、1日と通して総武線の車両(黄色のライン)で運転されているが、三鷹~御茶ノ水は、早朝深夜帯に中央線の車両(オレンジのライン)でも運転されている。立川~御茶ノ水では、時間帯によって黄色とオレンジの電車のどちらも走っている。

中央・総武緩行線の列車種別

中央・総武緩行線の列車種別は、全て各駅停車となる。直通する東西線の快速は、三鷹~中野でも快速表示となっているが、JR線内は各駅に停車する。

総武線(各駅停車)※黄色いライン

黄色いラインの電車で運転されているのが、総武線の各駅停車。三鷹~御茶ノ水は中央本線だが、一般的には黄色いラインの電車が「総武線」と呼ばれており、「緩行線」と呼ぶ人は少ない。

早朝深夜帯には、中央線の立川と武蔵小金井まで直通する電車があるが、御茶ノ水から東京駅へ直通する電車はない。一般的には、総武線が三鷹から武蔵小金井や立川へ直通運転をしているイメージになる。

行先 »

中央線(各駅停車)※オレンジのライン

早朝深夜帯はオレンジの車両でも各駅停車が運転されており、一般的に「中央線」と呼ばれている。

一部の電車は青梅(青梅線)まで直通運転しているほか、山梨県の大月駅を始発とする各駅停車の東京行きがある。全ての電車が御茶ノ水~神田~東京と運転されており、御茶ノ水から千葉方面へ直通する電車はない。

行先 »

東西線 ※青のライン

中央線の三鷹~中野、総武線の西船橋~津田沼をメトロ東西線が直通運転をしており、JR線内は各駅に停車する。

中野駅では三鷹から直通する高田馬場・西船橋方面が5番線、三鷹方面が3番線から発着する。5番線は総武線各駅停車も発着、3番線は東西線の高田馬場・西船橋方面への始発電車もあるので、とくに3番線は乗り間違えないように注意したい。

行先 »